Home

医師と転職

医師の現状

医師の現状について現在は「医師不足」が間違いなく挙げられるでしょう。東京や大阪など、首都圏近畿地方の都市部では医師が足りていないとはいえ、必要な医師配置の数の基準はクリアしています。しかし地方に行くにしたがって医師の不足は深刻になってきています。

この原因としては医学部が都心部に集まっていることから、そのまま就職するのも都市部に偏ってしまうという理由が考えられます。医師免許を取得した新たな医師も、自身が育った土地で医療活動をおこなおうとする決断も少なくはありません。しかし十分な数には達していないのです。

これに対して地方にある大学が学費免除によって、地方の病院に就職することを促進したりもしていますが、実際地方医科大学の卒業生の6割近くが、就職を都市部に決めてしまうのが現状です。

人口に対しての医師の数の割合も日本は非常に小さく、先進国の平均を超えたことはありません。そのため世界標準から見ても、早急に医師の数を増やすことが急務となっています。

医師の転職先

医師の転職先として最も多いのは、もちろん病院でしょう。近年の医師の労働環境は苛酷になってきていると言われ、労働時間が長時間に渡ったり医師の人数が明らかに少ない中で診療を回さなければならなかったりと辛い状況は多いものです。そういったことから”環境の変化”を求めて違う病院に転職をするといったことは一般的です。

医師の数が足りていない現在、求人数はおおくあります。家族との時間を大切にするのか、収入を増やしたいのか、自分が何を重要視するかによって選ぶことができる転職先は多くあるでしょう。

また、医師の転職先としては一般企業も考えられます。産業医と呼ばれるのがこれにあたりますが、大きな規模の企業になると専属の医師を雇っているケースが少なくありません。そのような産業医として働くのであれば、病院ではなく一般企業で働くことができます。
また、保健所も求人数は多くありませんが、常に医師を募集しています。このように転職先は病院だけには限らないのです。

好条件の医師転職先を探す

医師の転職先はどう探す?

医師の転職先を探すのに一般的な方法になりつつあるのが、インターネットの医師求人サイトから探す方法でしょう。ここ数年で医師求人を取り扱うインターネットサイトの数は非常に増えましたし、そこに掲載している求人の数も増えました。

この背景にはインターネットの普及も要因のひとつですが、医療業界の求人の単価が高いことも要因があるでしょう。規模も大きく経済の影響も受けにくい業界です。そのたまえ新規で参入する企業が増えました。そうすることで競争が生まれてサービスも洗練してきたことで、とてもサービスが利用しやすくなってきています。

あとは転職先紹介サイトが間違いのない確実な方法ではないでしょうか。医療機関と間に入ってくれる人材のエージェントが存在するので、そういった人に頼むのも良いですし、医学部の教授など今までの人脈を利用することも確実です。実際に知っている人の紹介を利用することで、良い条件の転職先、労働環境が得られる可能性が高いでしょう。