Home > 年収アップ

年収アップ

医師に限らず転職で気にする点は年収がアップするかどうかです。医師の場合は最初から高収入ではありますが、働く環境によって収入に差が出ます。高収入の職業だからこそ、その差には開きが生まれますし、しっかりと検討したい条件です。

病院は大きく分けて市民病院と大学病院に分かれており、比較すると市民病院の方が平均的には収入は大きくなります。大学病院では教授クラスでも年収は1,000万円くらいが多いのに比べ、市民病院で院長クラスになればその倍ほどは平均では貰えているようです。

また、転職するにあたり、スポットという働き方もあります。スポットとは日にちや時間帯など都合のよい日を選べて自分が得意な診療科目で働くことができる制度です。一般の病院に勤めている医師が休日におこなうこともできますし、健康診断など1年のうちの行事の時にだけ参加するといった方法もあります。このスポットという働き方を取り入れることでプラスアルファーの収入を得て、年収を増やすことができます。

病院の種類や、働く形態などを考えて最も収入が大きくなる方法、転職先を模索することが良いでしょう。