Home > やりたい仕事ができる

やりたい仕事ができる

医師が転職する場合に、転職先の病院で自分がやりたいと考える仕事ができるかということも判断材料となります。

大きな大学病院などでは役割が分担されていて、一人の医師への裁量権が小さいこともあります。一方で自分で開業したり規模の小さい市民病院で働く、地方の病院で働く方が自分の考え通りに動かすことができる範囲が広がるでしょう。

また、外科の技術などは経験がものをいうといった面もあります。しかし日本に置いて責任ある手術の責任者として執刀するには、長く下積みを重ねてからでないとやらせてもらえないといった古い体質があります。そのため若い医師が育つのに時間がかかり、良い医師が生まれにくい土壌となっているのです。しかしこの点も自身の選択によって変えることができます。安定した大学病院などを飛び出して医師が不足しているところに行ったり、海外の医療機関に転職する、または赤十字やNGOなど世界へ広げることで可能性は大いに広がるので、自分がおこないたい医療行為をしっかりと見極めたなら、転職先も絞られるはずです。